被害に強い住宅

害虫

通気性

シロアリは湿気のある場所を好みます。そのため、通気性が良い、日当たりが良いという条件が、シロアリ被害から住宅を守るためには重要になります。万が一雨漏りしているような住宅であれば、すぐに修理を依頼しましょう。雨漏りを放置していると、シロアリや羽アリが住みやすい環境となりますので、放置しないことが大切です。

隙間

外壁に亀裂があると、シロアリがそこから入ってきやすくなります。また、すでに家に入っている場合は、室内に土が見られたリ、壁を叩いた時に反響するような空洞音がします。壁の亀裂もそのままにしないで、パテなどですぐに防ぐようにすると効果的となります。また、少しでも異変を感じたら、専門業者に調査を依頼しましょう。

材質や構造

家を建てるときに、シロアリの被害が出にくい材質を使ったり、床下や基礎、断熱など家の構造から配慮することが有効な対策となります。木材を使う場合も、腐りにくいように防腐処理を怠らないようにしましょう。古い住宅であればリフォームをすることでシロアリを防ぐ効果もアップするといえます。

予防と調査

シロアリの被害を食い止めるためには、さまざまな予防対策を行ない、専門業者に定期的に調査を依頼することがおすすめです。気づいたときには、かなり被害が進行して手の付けようがないという最悪のケースを避けるためにも、日頃から意識しておくようにしたいものです。普段の生活でできる対策としては、こまめに住宅の掃除をして清潔にするということも効果があります。特に水回りをキレイにしておくことが有効です。